アクセス(Access)で文字を見やすく大きくする「ズーム機能」!!【便利機能】

アクセス(Access)で文字を見やすく大きくする「ズーム機能」

マイクロソフトのアプリケーションソフトのアクセス(Access)のクエリ等の作成やデータの入力を行っている際に文字が小さくてつぶれてしまい数字など判別できないときがあります。

この小さい文字が並んでいるため文字の見間違えなどを起こしてしまい、修正を余儀なくされることをかなり経験しています。

ひと手間加えることで環境の改善がはかれます。

この文字サイズのフォント設定を変更して文字を見やすくする方法の紹介です。

目次

アクセス標準の文字サイズ

クエリデザインやSQLビューンの文字サイズは「10ポイント」です。

SQLレビュー画面

アクセス(Access)

デザインビュー画面

アクセス(Access)ズーム機能

文字数が少ないときは良いですが、複雑なSQL文を編集するとなると非常に効率が悪いです。

ズーム機能

文字を大きく見たいなと思ったら、「ズーム機能」を使います。

対象にカーソルを合わせ次のキーを押します。

Shift + F2

すると「ズーム機能」画面が現れます。

アクセス(Access)ズーム機能

このままでは文字は小さいままですので「左端下」にある「フォント」をクリックします。

すると「フォント設定」画面が現れます。

アクセス(Access)ズーム機能

この「フォント設定」の画面で文字サイズを指定します。

ここで「OK」をクリックするとズーム画面で文字が大きく表示されます。

ズーム画面の調整

ズーム画面の端にカーソルを合わせて画面を大きくすることも出来ます。

アクセス(Access)ズーム機能

おわりに

「Shift+F2」でズーム機能の紹介でした。

クエリデザイビューやSQLビューの文字列のサイズを大きくする方法です。活用できる場面は多々あると思いますので、是非とも活用ください。

コメント

コメントする

目次