右クリック(プルダウンメニュー)>新規作成にメモ帳が表示されないときの対処方法。レジストリエディタ編集編。【Windows11】

メモ帳を新規作成に表示させる。レジストリエディタ編。

Windows環境でプルダウンメニューの新規作成からメモ帳を起動しています。

ところがあるときテキストドキュメント(メモ帳)が消える・表示されない症状が発生しました。

本来は、このようにプルダウンメニューに「テキスト ドキュメント」が表示されているのですが消えてしまいました!

復活させる手順の備忘録です。

復活させる方法は、レジストリエディタを編集する方法とメモ帳を再インストール方法があります。そのうちのレジストリエディタを編集する手順の紹介です。

目次

レジストリーキーによる表示方法

メモ帳(テキストドキュメント)を表示させるにはレジストリーキーの状態を確認し修正します。

レジストリエディターを起動する

スタートメニューに有る検索ボックスに「regedit.exe」と入力します。検索結果に現れた「regedit.exe(コマンド実行)」をクリックします。

レジストリ エディターが起動します。

ここからは、レディストリを修正する作業になります。内容は簡単ですが誤った操作をしてしまうとPCが起動しなくなるなどのシステムに障害をもたらす可能性もあります。事前にバックアップを取り、自己責任でお願いします。

アドレスバーに以下のパスを入力し、Enterキーを押します(コピペ可)。※アドレスバーが見当たらない場合は「表示 > アドレスバー」をクリックで表示されます

HKEY_CLASSES_ROOT¥.txt

HKEY_CLASSES_ROOT 
 ー .txt

すると以下のような画面になります。この「.txt」フォルダの中にある「ShellNew」フォルダの内容を確認します。

「.txt」フォルダの「ShellNew」を選択した状態で、画面右側の「名前:種類:データ」と書かれた部分を確認します。

 

以下の値と一緒になっていれば問題ありませんが、異なる場合は そのデータを修正します。 ※方法は後述

:名前    |種類        |データ
:(既定)   |REG_SZ      |(値の設定なし)
:ItemName |REG_EXPAND_SZ  |@%SystemRoot%\system32\notepad.exe,-470
:NullFile   |REG_SZ      |

この状態が確認される場合は、エクスプローラの再起動を行います。

「ShellNew」フォルダがない場合

「.txt」を右クリックするか、メニューの「編集」からプルダウンメニューを表示し 新規>キーを選択します。

すると「.txt」の下に「新しいキー#1」のホルダが作成されました。

このホルダを右クリックしメニューを表示し「名前の変更」で、ホルダ名を「ShellNew」に変更します。

次に「ShellNew」フォルダを選択し、右の画面で右クリックからメニューを表示させ、「新規」>「キー」のメニューから2つのキーを追加します。

・展開可能な文字列値
  名前: ItemName
  種類: Reg_EXPAND_SZ (展開可能な文字列値)
  データ: @%SystemRoot%¥system32¥notepad.exe,-470

・文字列値
  名前:NullFile
  種類: Reg_SZ (文字列値)
  データ: (無し)
 

下記の様に追加出来たらエディターを終了します。

エクスプローラーを再起動

タスクマネージャーからエクスプローラーを再起動します。

タスクマネージャーはスタートボタンを右クリックしメニューからか、「ctrl+shift+esc」で起動させます。

「プロセス」の中の「エクスプローラー」を見つけ右クリックで「再起動」を選択します。

これで新規作成メニューに「テキスト ドキュメント」が追加されます。

おわりに

新規メニューから「テキスト ドキュメント」が表示されなくなった場合の復活方法の一つ「レジストリ エディター」の編集による方法の紹介でした。

コメント

コメントする

目次