DSCってなに?カーリング女子 試合に負けたのに、なぜ?準決勝進出なの?【知恵袋‼】

カーリング DSCってなに?

北京五輪第14日(2/17)・カーリング女子1次リーグ

世界ランク2位のスイス戦。勝ったら準決勝進出と聞いていて応援にも力が入っていました。

ちなみに日本は世界ランク7位。

結果は、日本4ースイス8 勝利できず通算5勝4敗

がっかりしていたら敗戦が決まった20分後にまさかの準決勝進出?!なんで?

ルールをよく知らないので調べてみました。

 

目次

日本が準決勝へ行けない条件

準決勝へ進む条件として、日本が準決勝へ行けないのは、「日本が負け、英国、韓国が勝った」場合だったとのこと。

日本は負けてしまいましたが、同時刻で行われた試合で英国、カナダが勝って5勝4敗で並びましたが、4敗の韓国がスゥエーデンに負けたため、予選リーグ最終成績は、残り2枠に5勝4敗の英国、日本、カナダが並んでいました。直接対決の成績は1勝1敗。

最終的な判定はDSC(ドローショットチャレンジ)によるものでした。

DSC(ドローショットチャレンジ)

試合ごとに先攻、後攻を決める際に行われているラストストーンドローで測定。

両チーム2人づつがショットして、ハウス中心からの距離を測定し、その距離が短い方が先行か後攻の選択権が与えられます。

ハウス中心からの平均距離。最も遠かった2投を省き、計16投の平均を算出。

複数チームが同勝敗で並び、当該チーム間の対戦成績が同じだった場合に順位決定に用いられている。

結果

英国:35.27センチ

日本:36.00センチ

カナダ:45.44センチ

9.44センチ差で日本が勝利

結果:日本は4位で準決勝進出となりました。

積み重ね

10日の初戦から8日間の対戦で一戦ごとに正確な投球を行い積み重ねてきたものが、このような判定で勝利を導いたのですね。

常に勝つだけではなく、高みを目指していると全て結果につながると感じます。

関連記事

おわりに

このあとの戦いに期待をして応援しましょう。

コメント

コメントする

目次