ホワイトデーの起源は?バレンタインデーのお返しで定着しているイベントについて解説です。【豆知識】

ホワイトデーの起源についての説明です。

3月14日にバレンタインデー2月14日のお返しに、一般的に贈り物をもらった「男性から女性にお返しをする日」として浸透していますね。

これって日本発祥の文化だそうです。

目次

ホワイトデーは、なぜ3月14日なの?

バレンタインデーに由来する殉教者・聖ウァレンティヌス(聖バレンチノ・聖バレンタイン)のエピソードが発祥のようです。

3世紀ごろのローマ皇帝クラウディス2世は「故郷に想い人を残していると士気が下がる」という理由から結婚を禁止していました。

聖ウァレンティヌスはそんな恋人たちの愛を、命をかけて守りました。

しかし、兵士たちの結婚を見守り続けた聖ウァレンティヌスは皇帝の怒りにふれ処刑されてしまいました。

彼が殉職したのが2月14日でバレンタインデーとなり、その死から1ヶ月後恋人同士が改めて永遠の愛を誓ったのが3月14日なのです。

そこからお返しの日として3月14日がホワイトデーとなったようです。

ホワイトデーっていつから始まった

諸説ありますが1980年頃にお菓子業界の「全国飴菓子工業協同組合」と「石村萬盛堂」が提案し始まった日本独自の文化ださそうです。不二家も1973年にはマシュマロを販売するキャンペーンを行っていたようです。

全国飴菓子工業共同組合 説

この組合は全国の菓子業者が集まって作られた共同組合です。

1978年6月にバレンタインデーのお返しの日として「ホワイトデーはキャンディを贈る日」として決め、1980年に第1回ホワイトデーを実施。全国の百貨店やスーパーなどでキャンディの販売を行いました。

「ホワイト」は純潔のシンボルで若者の爽やかな愛を象徴する色から「ホワイトデー」と名付けられたようです。

3月14日のホワイトデーはキャンディを贈る日として、百貨店やスーパーなどでキャンディの販売を行っています。

石村萬盛堂 説

福岡県福岡市の店舗を構える菓子店の石村萬盛堂が「バレンタインデーに君からもらったチョコレートを、僕のやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」をコンセプトとして1978年3月14日に「マシュマロデー」を始めました。

日程は女性社員の意見と福岡の百貨店・岩田屋からのアドバイスで決められたそうです。

「マシュマロデー」の名称は後に「ホワイトデー」へ変更されました。百貨店・岩田屋からの提案をきっかけに日本中にホワイトデーの文化が定着したとされています。約8年後だそうです。

石村萬盛堂は、記念日文化の発展に貢献したとして「記念日文化功労賞」の第10号を受賞しています。

日本には「お返し」を礼儀とする風習が有ることから定着したのではないでしょうか。

今では近隣の中国、韓国や台湾などにも浸透しているようです。

オレンジデーも有るようです。
日本のオレンジデーは4月14日。
2月14日のバレンタインデーに愛を告白し、3月14日のホワイトデーにその愛に応え、更に愛を深め合う意味が込められています。
オレンジやオレンジ色のものを贈りあうようです。

お返しのお菓子の意味

お返しの王道は、「キャンディー」「クッキー」「マシュマロ」などですね。

そんなお菓子には花言葉のような意味があるそうです。

クッキー:友達でいよう

バリエーションが豊かで手に取りやすいからのようです。「あなたとはお友達の関係です」の意味ですね。

キャンディ:あなたが好き

口に入れてからなめ終わるまで、長く楽しめるお菓子だから良い意味に捉えられているのだとか。

「付き合いが長続きする」「あなたとずっと一緒にいたい」「硬い関係が壊れにくい」などの意味が込められています。

マカロン:あなたは特別なひと

カラフルな見た目のキュートさからおすすめのお菓子で「特別な人」「好きです」といった意味が込められます。

マシュマロ:あなたが嫌い!?

石村萬盛堂 説では「あなたの気持ちを優しく包んでお返しします」のコンセプトでマシュマロをお返ししたようですが、すぐに溶けてなくなってしまうから良くない意味になった説が有るようです。

お返しのお菓子の選び方

花言葉のような意味を持ったお菓子など、相手が喜んでくれるお菓子を選ぶことです。

職場やお友達へのお返しには意味の込められていないお菓子を。バレンタインデーの定番のチョコレートは、ホワイトデーでは特に意味がないようです。
勘違いされないように意味のないお菓子を選んでお返しするのがおすすめのようです。

おわりに

お菓子業界が提案した商業ベースに乗せられた日本独特の文化です。

イベントとして楽しむことで、相手に喜んでもらえるものを贈るのが基本的なことでしょうね。

コメント

コメントする

目次