バレンタインデーの起源は?由来や日本と海外との文化の違いを紹介します。【豆知識】

バレンタインデーの起源は?由来や日本と海外との文化の違い

毎年2月を迎える頃話題になり、日本でも浸透したイベントですね。チョコレーを、好きな人に渡して告白するイメージがほとんどだと思います。

バレンタインの起源や日本とは異なる海外でのバレンタイン文化についての紹介です。

目次

バレンタインデーとは?

バレンタインデー(St. Valentine’s Day)聖バレンタインの日です。毎年2月14日に「恋人の日」として世界で浸透しているイベントです。

日本では、「女性が、好きな人にチョコレートを贈り告白する日」として浸透しています。

起源は

バレンタインは人の名前が由来しているようです。

諸説ありますが、キリスト教の聖人の聖ウァレンティヌス(聖バレンチノ・聖バレンタイン)が由来とされています。

3世紀頃のローマ帝国を治めていた皇帝・クラウディウス2世は「故郷に想い人を残していると士気が下がる」という理由から、兵士の結婚を禁止していたそうです。

この皇帝の命令に反して、兵士たちを内緒で結婚させていたのが、当時キリスト教の司祭だったウァレンティヌスだそうです。その話を聞いた皇帝は激怒し、ウァレンティヌスに結婚式の禁止と改宗を迫りますが、ウァレンティヌスは命令に従わず、処刑されてしまいました。

兵士たちの結婚を見守り続けたウァレンティヌスは、その後恋人たちの守護聖人として崇拝され、彼が殉教した2月14日がバレンタインデーとなったのです。

ただし、聖ウァレンティヌスの伝説は史実として認められていないことが多くあるようです。1説によると、2月14日に同名の司祭が複数名殉教していることから、複数の司祭の伝説や奇跡を重ねて作られたとされています。

当初は聖ウァレンティヌスの殉教を悼む、宗教的側面の強かったバレンタインデーでした。

14世紀以降には、恋人たちがプレゼントを交換するイベントとして定着します。バレンタインデーが「恋人たちの日」となった理由についても諸説あります。 が、代表的なものは以下の通りです。

代表的なものとして3世紀頃のローマ帝国において、2月14日は女神ユノ(ユーノー・Juno)の祝日とされ、翌15日には「ルペルカリア祭」というお祭りが開催されていました。

ユノはローマ神話における最高神ユピテル(ジュピター・Jupiter)の妻で、家庭や結婚などを司る神様です。

6月の英語名ジューン(June)の由来でもあります。

ルペルカリア祭は、2月14日に女性が名前を書いた紙を桶に入れておき、翌日男性がくじ引きを行うというものでした。

お祭りの期間中は、くじ引きの結果一緒になった異性はパートナーとして過ごすことが許されていました。

ルペルカリア祭自体は、5世紀頃のローマ皇帝・ゲラシウス1世が風紀の乱れを招くとして禁止します。この時、ルペルカリア祭の禁止による若者からの反発を避けるために、聖ウァレンティヌスの伝説と結び付けて「愛を誓う日」という名目でキリスト教の祝日としたのです。

そして、長い歴史の中で、2月14日が恋人たちの日として確立していったとされています。
また、旧暦の2月は春の始まりを告げる季節にあたることから、この季節は愛の告白をするのに適しているからという説もあるそうです。

チョコが贈り物は日本だけ!

日本ではバレンタインデーにチョコを贈るのが定番となっています。これは日本独自の文化です。海外でもチョコレートを贈るケースはあるようですが、花束やメッセージなど思い思いの贈り物を贈るようです。

日本にバレンタインデーが浸透したのは20世紀になってからとされています。当初の贈り物は化粧品や衣料が定番でした。女性から男性に贈るだけでなく、家族や友人間でのプレゼント交換が勧められていたそうです。

日本でこのようなイベントが浸透するのは、企業のプロモートの影響が大きいです。バレンタインデーのイベントをチョコレート会社がバレンタイン商戦としてキャンペーンを展開したことから、女性からチョコを男性に贈り、告白する日として浸透し現在に至っています。

今では多様化し、友チョコ、義理チョコや世話チョコ、更には自分チョコなどいろいろなチョコが登場しています。チョコレート会社の思惑どおりですね。

海外のバレンタインデーは?

諸国で違いはあるものの、一般的には男性から女性にプレゼントするのが主流だそうです。

ホワイトデーも日本が発祥の文化でアジア圏の一部にしかありません。

アメリカでは

男性から女性にプレゼントを贈るのが一般的で、恋人や家族に花束やメッセージカードを送って気持ちを伝えます。

イギリスでは

バレンタインは密かに気持ちを伝える日とされています。

名前を書かずに「Be my valentine.(私の恋人になって)」などと記載したメッセージカードを贈ります。そのカードをもらった人が行動を起こすのです。
晴れて恋人になった後は、他の欧米諸国と同様に、男性側から女性にプレゼントをするケースが一般的なようです。

イタリアでは

バラの花やアクセサリーを贈るのが一般的だそうです。恋人へのプロポーズをすることが多いようです。

ベルギーでは

お世話になった方に感謝の気持ちを伝える日として浸透しています。

夫婦や恋人ではない人にも感謝の意を込め、花や衣類や香水などの贈り物をするようです。

おわりに

日本ではチョコを贈る文化として浸透しました。これはチョコレート会社のプロモーションのおかげと思います。

しかし、日本以外の国では日頃からお世話になっている人や家族に感謝の意を込めてプレゼントするようです。

コメント

コメントする

目次