【Excel】エクセル 大量の連番をダイアログボックス入力で一気に表を作成【テクニック】

エクセル(Excel)大量の連番をダイアログボックス入力で一気に表を作成
  • URLをコピーしました!

エクセルで作業していると、1から順で連番を振ることってよくありますよね。

さらにそれを表にすることも多々あると思います。

表示画面の中だけに振る時はセルの右下に表示される「+」をマウスでドラッグしてオートフィル機能(最後方でやり方を紹介しています)を使えば良いですが、画面に収まりきらない大量の連番を振り、表にしたい時の方法の紹介です。

そこで1~200までの連番作成を例に説明します。

¥1,980 (2024/04/02 00:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング
目次

1~200までの連番を作成し、表にする方法

連番の作成

A列に1から200までの連番を振ります。

①連番を振りたい列の1の番号を入れたいセルに「1」を入力

②「ホーム」タブ を選択

③「フィル」のプルダウンメニューから、

④「連続データの作成」をクリック

⑤「連続データ作成」ダイアログボックスが表示されます。

ここで「範囲」に列、「種類」に加算、「増分値」:1、「停止値」:200を入力しOKを押します。

すると指定した200番まで連番が振られます。(※下図は11~188の行を非表示にしています。)

※日付の連続データ入力については”こちらでダイアログボックスの入力方法”を説明しています。

大量の連番に対して罫線を素早く作成する

先程作成した連番に罫線を引いて表を作成します。

セルの選択

①データの先頭のセルを選択

②「Ctrl]+「Shift」+「End」キーを押すショートカットを操作します。

 データがあるセルまで一気に選択出来ます。

(※11~188の行を非表示にしています)

すると最後のデータが有る範囲でセルが選択されます。

(※11~188の行を非表示にしています)

罫線を引く

つぎに罫線を引きます

①「ホーム」タブ を選択

②「罫線」の矢印をクリックしプルダウンメニューから、

③「格子」をクリック

④ 選択された範囲に罫線が引かれました。

(※11~188の行を非表示にしています)

オートフィルの機能で「1から順に連番を振る」

1.オートフィルオプションで1から順に連番を振る

①データの先頭のセルの右下に表示される「+」をマウスで連続データを入れたいセルまでドラッグ。

②オートフィルオプションを表示

③オプションの中から「連続データ」を選択

すると連番が入力されました。

2.連なっているセルを選択し右下の「+」マークをドラッグする

表示画面内で連番を入れる簡単な方法です

①連番としたいセルに、その順番となる番号を入力

②データの選択したセルの右下に表示される「+」を、マウスで連続データを入れたいセルまでドラッグ

③ドラッグして入れたいセルの場所で、マウスの左クリックを放します

連続したデータが入力できました。

見えている画面の範囲では、この方法が簡単です。

日付も同様に連続で入力することが出来ます。

¥1,980 (2024/04/02 00:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

おわりに

連続データ入力方法と表の作成の紹介でした。

方法はいくつかありますが、状況に合わせて使い分けると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次