エクセル(Excel)見出しをすべてのページにつけて印刷する方法【テクニック】

エクセル(Excel)見出しをすべてのページにつけて印刷する方法

エクセルでデーターの表で複数のページに渡り印刷する際に、それぞれのページに見出しをつけたいと思いますよね。

その方法の紹介です。

見出しとは、それぞれデータが何なのかを表す表題です。

表の一番上や最左の列などに表示されます。

印刷時に複数のページにまたがる場合に各ページにも見出しをつけるとわかり易い資料になりますよね。

その方法の紹介です。

目次

見出しとは

下記の図の黄色い部分が「見出し」です。

データの中身が何なのかを表しています。

複数に印刷された場合に、2ページ以降にこの見出しが無いと何のデータかわかりませんよね。

すべてのページにこの見出しを表示させる方法の紹介です。

見出しの設定の手順

「ページレイアウト」タブを開き、リボンの「タイトル」を選択すると、「ページ設定」のメニューが表示されます。

ページ設定メニュー

「シート」タブを選択し、「印刷タイトル」に見出しの「行」、「列」を指定します。

下記の資料の場合、タイトル行(R):の空白の部分にマウスのカーソルを合わせて選択します。

そして1行目のセルにカーソルを合わせてクリックすると、「$1:$1」と選択されます。

この行が見出しになります。

印刷プレビューで見てみます。

1ページ目のプレビューです。

見出しが入っています。


2ページ目にも見出しが出来ています。

印刷すると見出し付きの印刷が出来ています。

おわりに

データーが多くて、複数の印刷にまたがる場合の見出しの設定方法の紹介でした。

チョットした手間で、わかり易い資料の作成が出来るようになります。

是非とも設定手順を身につけて出来る人になりましょう。

コメント

コメントする

目次