葉っぱに水をあげる、葉水(はみず)について【Plant】

葉っぱに水をあげる葉水(はみず)

観葉植物にとって土だけではなく葉にも潤いを与える事はとても大切な事になります。

植物を育てる上で水やりはとても大切な事ですね。ちゃんとした水やりが出来ないと植物が弱ってしまったり最悪は枯れてしまいます。

それと合わせて葉にも潤いを与える事がとても大切な事です。

1年を通して適度な湿度を保ち、過度な乾燥などを防ぐためのお世話になります。

目次

葉水(はみず)

葉水とは葉っぱに霧吹きなどを使って水をあげる事です。出来るだけ細かな霧状に与えると良いです。

植物の水やりは、土にあげる認識ですが植物は葉からも水を吸収します。

夏場の水不足になりやすい時期や、乾燥しやすい冬場に行うと良いです。

水やりは土だけでなく葉にも与えてあげると植物はより健康に育ってくれます。

水やりのタイミングは、土の状態などに合わせて行う事が重要ですが、葉水は毎日与えても問題ありません。

暑い夏場は朝夕の涼しい時間帯に、逆に冬場は温かい日中に与えて、冷たい水で葉が痛まないようにしてあげると良いです。

冷水ではなく常温の水であげるとストレスも少なく済むので、汲み置きした水を使ってあげるのがおススメです。

葉水のやりかたは、葉に潤いを与えるのが目的ですが、べちゃべちゃになるほどあげる必要はありません。

たまには葉の裏にも与えてやるとより良いです。

葉や植物の周辺の空気に潤いを与えるように霧吹きをしてあげます。

葉水は植物にいつまでも元気でいてもらうには、とても効果的な手法です。

葉水

 

特に熱帯雨林に育っている観葉植物は、その環境から根からよりも葉からの吸収する事が優れているとの事です。

植物の生息環境を理解して、大事に育ててあげる事が必要ですね。

葉水の良いこと

  1. 葉っぱをきれいにする
    葉の表面が広い植物は、知らず知らずのうちにその表面にほこりが溜まってしまいます。
    ホコリが溜まるとその葉は見た目が白っぽくなり美しくありません。
    そんな葉にたまる汚れやほこりを取り除く事が出来ます。
    ホコリがひどく溜まってしまった場合は、葉水をし潤いを与えた葉をティッシュペーパーや柔らかい布で拭いてあげるとさらにきれいにすることが出来ます。

    植物は葉っぱで光合成や呼吸をしていますので、活き活きとしてくれます。
    さらに愛着が湧いて愛おしくなると思います。

  2. みずみずしくなる
    葉水をしてやると潤いが出て緑の色がきれいに保てます。

    特に冬場の空気が乾燥する季節は、部屋の暖房などの空調によって更に乾燥がひどくなります。
    人の髪も先端が乾燥して痛むのと同じに、植物は葉の先端部分から水分が失われるので、乾燥すると先端部分から変色する事になります。ただし湿度が高い時期はカビの発生原因になりますので、風通しを良くしてあげる事も必要です。
  3. 病気や害虫予防
    病害虫の予防にもなります。虫は乾燥している場所を好みます。常に乾燥した環境だと虫がつきやすくなります。葉の表裏の目の付きにくいところにも害虫が潜んでいる事が有ります。
    虫が媒体となって病気になることが多いため、葉水で虫がつきにくくすることで病気にもかかりにくくなります。葉水をしながら大事な植物を観察してあげることで、病害虫に対して早期に対応が出来るようになります。

    また、周囲の温度を下げる効果も生まれます。

害虫について ❜❜観葉植物につきやすい害虫について❜❜ で紹介しています。

おわりに

観葉植物は葉の形や色を楽しむものですので、その葉を大事にしてあげる事は重要ですね。

毎日のケアとしてはうってつけの方法です。

また、害虫や病気対策としてはもちろん乾燥対策などにも効果があります。

一年を通して健康を保つことで、いつまでも楽しませてくれるように育ててあげてください。

コメント

コメントする

目次