【豆知識】ホテルのベッドのカバーがマットの下に入れ込まれているのはなぜ?

ベッドメイク
  • URLをコピーしました!

ホテルでベッドに潜り込もうとするとベッドカバーがぴっちりとマットの下まで巻き込まれていて、なんでだろう?と考えたことって有りませんか。

そんな疑問について調べてみました。

目次

ベッドカバーを巻き込む理由

必ずしも巻き込み方は同じでは無いようです。

足元だけを巻き込むタイプや横の面も巻き込むタイプです。

これはホテルによって違いが有るため、どこでも同じと言うわけでは無いようです。

掛け布団のズレ落ち防止

寝ている間は寝返りや身体を動かすことはどうしても避けれません。どうしても掛け布団は動いてしまいます。

そのため足元のベッドカバーをマットに巻き込んでズレを防止する目的です。

デュベスタイル」という海外で主流なベッドメイク法だそうです。

ベッドメイキングの仕上がり

ホテルの客室では消毒済みの紙がグラスに置かれたり、トイレットペーパーが三角に折られていて掃除が完了している安心感がありますよね。

ベッドメイキンにおいてもホスピタリティの精神から「ベッドメイキングが完了しています!」との表示の意味があるようです。

衛生面

掛け布団がカバーによって全体を覆われていることから衛生的だと言うことです。

おわりに

ちょっと高級なホテルに泊まった際に、自宅の就寝環境と違うホテルならではの「非日常感」を味わえますので旅行の気分を盛り上げることが出来ますね。

ちなみに就寝する際は好みの状態にして問題は無いようです。

すべて剥がしてしまっても、そのまま潜り込んでも構いません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次